50代栄養士の新しい生き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ定年まであと10年、、、
ゴールが見えてきたあなたは
何を考えるでしょう?

これまでと、これからも・・・
栄養士として生きたいとおぼろげに考えると思うんですね。
でも行動をとるまでにはいかない。
そのうち・・・考えようで忘れてしまいます。

先日ホームセンターに行ったとき色鮮やかな春の草花がたくさんありました。
母の日も近いのでカーネーションもたくさんあります。

その草花の苗のプライスカードには、

「多年草」
「一年草」

と、書いてあります。

1年限りの命の草花も愛おしいですが、
多年草なら来年も楽しめる未来があります。
つい多年草を選びたくなります。

そこで栄養士の生き方も似ているかもと思ってしまいました。

 

50代栄養士の新しい生き方

昔は、仕事と言えばほとんどが自営業だったそうです。
でもいまはほとんどが会社員の時代。

働いているあなたも会社や病院、施設に属しているでしょう。

以前は定年まで働けば、
後は悠々自適の年金生活が送れると言われていました。

だから「いい会社」に勤めれば一生が
保障されると母も学校の先生も教えてくれました。

でも、時代は変わりました。
終身雇用制を維持できなくなりました。

夫婦で年金受給までに6000万円の貯蓄が必要と言われています。
でも、いつかは底をつきます。
年金の受給額も年々減っていきます。
あと5年後には破たんするという噂もあります。

そんな中であなたは新しい第二の人生を迎えます。

先ほどの1年草と多年草の草花のように生き方を選ぶようになります。

定年後も栄養士として生きたいと思うなら
ぜひ起業の準備からスタートさせてください。

収入源は複数あった方が絶対安全です。

私は、コンサルタント業の他にも複数の仕事を持っています。
もちろん年金もいただいています。

収入源を複数持つことで
都会と地方を行ったり来たりの暮らし方に変わりました。

今までの経験や専門知識を活かして起業して本当に良かったと思います。
若い栄養士さん達を応援する仕事に毎日が夢中です。

これからのあなたの人生を
豊かに楽しく実りあるものにするためにも
栄養士起業はおススメの人生の投資方法です。

今日は、50代栄養士の新しい生き方についてお話ししました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/startpack4/nutkigyo.com/public_html/wp-content/themes/InboundBlogTemplate_Ver2/lib/functions/bzb-functions.php on line 320

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*